家事代行サービス業者がやってくれる範囲

家事代行サービスは、かつて俗に言っていた「家政婦」のように、一日(半日)中家にいてもらいあらゆるお手伝いをしてもらうのではなく、必要な時間、必要な分の家事だけ、家事の代行を依頼しサービスをしにきてもらう形態のものです。
多くの場合、利用は二時間から一時間単位(の延長)で、料金は一時間あたり数千円のところが多いです。
たとえば、料理は得意だから苦にならないけれど、掃除が苦手でプロに掃除をお願いしたい場合などは、必要な範囲の掃除を依頼することができます。
また、掃除でも、お風呂だけを徹底的に掃除してもらいた場合の二時間利用と、家全体をまんべんなく掃除してもらいたい場合の二時間利用では、お風呂掃除の完成度はやはりちがってきますが、自分でやらずとも家がきれいになるという満足度に違いはないでしょう。
しかし、家事代行業者には、手伝えない家事があります。
それは、介護や育児や看病など、人に触れることです。
赤ちゃんのお世話と家事の両立に疲労がたまっている方は、赤ちゃんのお世話を頼むことはできませんが、その間家事をしてもらえることで、負担を減らすことができます。